研究組織

研究プロジェクトは、三つのグループから組織されます。グループとメンバーは以下の通りです。

【コア・グループ】(役割:研究全体の企画・運営)(※はサブ・グループと併任)
唐木清志(筑波大学)、山根栄次(三重大学)、西村公孝(鳴門教育大学)、谷田部玲生(桐蔭横浜大学)、大澤克美(東京学芸大学)、桐谷正信(埼玉大学)、※鈴木隆弘(高千穂大学)、※磯山恭子(静岡大学)、※谷口和也(東北大学)、※桑原敏典(岡山大学)、※栗原久(東洋大学)、※吉村功太郎(宮崎大学)、※猪瀬武則(日本体育大学)、※鴛原進(愛媛大学)、※橋本康弘(福井大学)、※原宏史(東海学園大学)、※永田忠道(広島大学)、※水山光春(京都教育大学)

【サブ・グループ】(役割:授業づくりの実施・評価)(○はグループ長)
1 若者の貧困と社会的排除:○鈴木隆弘(高千穂大学)、三浦朋子(亜細亜大学)、松井克行(西九州大学)
2 超少子高齢化と社会保障:○磯山恭子(静岡大学)、井柳美紀(静岡大学)
3 東日本大震災からの復興支援:○谷口和也(東北大学)、坪田益美(東北学院大学)
4 地方の衰退と町づくり:○桑原敏典(岡山大学)、井上奈穂(鳴門教育大学)
5 財政危機と金融政策:○栗原久(東洋大学)、真島聖子(愛知教育大学)
6 限りある資源とエネルギー政策:○吉村功太郎(宮崎大学)、藤瀬泰司(熊本大学)
7 グローバリゼーション下の産業と貿易:○猪瀬武則(日本体育大学)、宮原悟(名古屋女子大学)
8 地域紛争と民族的・宗教的多様性:○鴛原進(愛媛大学)、長田健一(就実大学)
9 持続可能な開発と地球温暖化:○橋本康弘(福井大学)、角田将士(立命館大学)
10 科学技術の発展と生命倫理:○原宏史(東海学園大学)、鎌田公寿(常葉大学)
11 情報社会とメディアリテラシー:○永田忠道(広島大学)、中原朋生(川崎医療短期大学)
12 グローバリズム・ナショナリズムとアイデンティティ:○水山光春(京都教育大学)、橋崎頼子(奈良教育大学)、森田真樹(立命館大学)

【研究評価グループ】(役割:研究全体の評価)
工藤文三(帝塚山学院大学)、江口勇治(筑波大学)、大杉昭英(国立教育政策研究所)、樋口雅夫(国立教育政策研究所)、大倉泰裕(千葉県立松戸向陽高等学校)

この他に、実際に教材開発・単元開発を進め、授業を実施していただく小学校から高等学校までの先生が、サブ・グループの中に含まれます。平均すると4名程度の先生が各サブ・グループの活動に参画して、グループ長のリーダーシップの下、授業づくりと実践を繰り返すことになります。
文責:唐木清志
inserted by FC2 system